カードローン審査

私が持っていたカードローンへの偏見

お金のピンチって急にやってきますよね。そんな時に役に立つのがカードローンです。例えば友人の結婚式が同じ月に何件も重なってしまったり、お子さんが急な病気で入院することになってしまったりと理由は様々です。

中にはレジャーシーズンなどに遊興費としての理由を考える人もいます。ただテレビのCMなどで身近に感じるようになった今でも、お金を借りるということはどこか“悪い事だ”と言う風潮があります。

これって本当にそうでしょうか?確かにお金を借りなければいけないという状況は、困っていない人からすればマイナスな印象しかありません。ただ本当に困っている人にとって、お金が借りられるということは、今あるそのピンチを凌ぐことができるということです。

最近では明日までにお金が必要な時でも、もっと言うとその日の内に必要な状況でも、お金を借りて用意することが可能になりました。カードーン会社のネット化が進んだことでより手軽な利用ができ利用者も増加傾向にあります。

もし今あなたがお金に困っているのなら、今まで持っていた偏見は捨ててください。賢く生活するための1つの手段だと考えれば、こんな便利なものはありません!

この↓に私がおすすめするカードローン会社を紹介しておきます。初心者の方でもわかりやすいサービス内容でありながら、そのお得さも業界内では群を抜いている3社です。

もしもの備えて契約だけしておくというのも1つの手です。お金に関して本当に辛い思いをしている時、あなたを救ってくれる最大の味方になってくれるはずです。当サイト内の情報があなたの生活に役立つことを心から願っています。

おすすめ!キャッシング会社の決定版!


カードローンの審査に通るために心がけておくこと

カードローンの審査は余程の自信がない限りほとんどの人が不安に思うことだと思います。自分が評価されるということもあまり気持ちのいいものではありません。

ただカードローン会社はあなたのことを一切知りません。仮にこれがあなたなら、知りもしない人に対して「はいどうぞっ」とお金を貸すことなんてできますか?だからこそお金を借りるための信用を示すことが必要で、それこそが審査の大きな意味です。

審査は3つのポイントにより行われます。今までにお金を借りたことがあるかどうか、あなたがどういった人かという情報、そしてそれらに嘘がないか、この3つで判断がされるわけです。

この中でより確実な通過を目指すなら、努力で帰ることのできるポイントはあなたがどういう人かという情報になります。例えば1人暮らしの人は実家に戻ることで評価はグッとあがりますし、借金のある方なら完済してからの方が評価は良くなります。 中でも勤続年数についてはとても重要で、これはあなたに安定した収入があるということの証拠となりますす。勤続年数が半年を超えた当たりから問題なく通過できるようになるはずなので、今働き始めて2、3ヶ月だという人は少し待ってから申し込んだほうがいいかもしれまん。

ただこれらを急に変えろと言われても難しい問題だと思います。明日までにお金が必要な状況では対策もできません。ただ審査はあなたが思っているよりもずっと易しいものですから、自信を持って申し込んでください。

最後にどんな方にでもできる重要な審査への対策をお教えします。それはまず誤字脱字や入力漏れがないかを徹底的に見直すことです。これを理由に審査に落ちる人も多くいるようですし、仮にあなたが間違った情報を入力してしまったとすると、カードローン会社からすればそれは嘘を付いていると判断されてしまいます。

このことに気をつけるだけでもかなり変わってくるので、くれぐれも忘れないようにしてください。ここまで読んだあなたにならきっと審査に通れます。

おすすめ!キャッシング会社の決定版!


銀行系キャッシングの歴史を考えてみる

銀行とキャッシングの歴史を考えてみた場合、銀行がカードローン会社とのかかわりを持ち始めた時期を振り返ってみると、例えばプロミスの場合は、三井住友フィナンシャルグループと提携を結んだのは2004年のことです。こうして考えてみると、銀行系キャッシングの歴史の始まりは、比較的最近のことのように思えますが、銀行系キャッシングを銀行による個人向け融資の一種として捉えてみた場合、その歴史は、はるか昔の太平洋戦争より前のこととなります。

金融機関の個人向け融資のルーツは、1929年(昭和4年)、当時の日本昼夜銀行等が始めたものが最初とされています。こういった個人向けの融資はその後、太平洋戦争による経済統制や、戦後の復興で企業向け融資が優先されていました。

一時途絶えていたものの、大手銀行においては、1960年(昭和35年)頃から、個人向けの小口融資が再び行われるようになりました。そして1962年には、現在のプロミスの前身にあたる会社が設立されるなど、現在も続く消費者金融会社も設立されていくようになりました。

その後しばらくは銀行とキャッシング業界は直接交わることはありませんでしたが、貸金業法など関連法規の改正により金利の引き下げを余儀なくされたことや、強引な取立てが社会問題化したことによるイメージの悪化などにより、生き残りのため強力な後ろ盾を求めるようになったキャッシング業界と、日本版金融ビックバンなどによる経営環境の変化が原因かもしれません。

新たな収益源を模索するようになった銀行の利害が一致したことから、先に書いたプロミスの三井住友フィナンシャルグループ入りや、2008年の消費者金融の「レイク」の新生銀行の子会社への売却などの現在の銀行系キャッシングの歴史へとつながり、現在に至ります。