銀行でカードローンを利用する手順

審査って消費者金融より厳しい?銀行でカードローンを利用する手順

カードローンの会社は多くあり何が違うのか解らない部分がありますよね。インターネットでみてみると、系統としては大きく分けて銀行系と消費者金融系の2種類の会社が運営しているものがあり、銀行系は審査基準が消費者金融系に比べ厳しいなどということをよく目にしますよね。では、実際どうなのでしょうか。

審査自体で聞かれる内容は、年齢、既婚未婚、他社への借り入れ状況、カードローンの限度額、職業、収入、勤務状況、年数、住居年数などが主なところですが、銀行系も消費者金融系も変わりはありません。確実な返済能力があることが確認できれば審査は必ず通過します。

ではなぜ、銀行系の審査が厳しいといわれる要因ですが、実際、借り入れ審査において銀行系の方が厳しいという話は一概に厳しいものではありません。銀行系ということで最初に利用する方が多いため条件に満たない無い人が審査を通過しなかった人が多く、逆に消費者金融系は審査が甘いことで利用者を獲得するサービスと行なっているので審査が銀行系に比べ甘く通りやすくなっているのが要因でしょう。銀行系に借り入れ申請者が多くなってしまうのは、金利が若干銀行系の方が低く設定されてるかでもあります。

銀行系は、最初の上限額を低く設定している場合があります。消費者金融系は、返済能力が確認できてれば、100万円台の金額の融資をしてくれますが、銀行系は、一度目は確実に返済可能な金額から設定し、返済がきちんとされ信用を得てから高額の借入を可能とする場合もありますので最初から高額の借り入れを希望される方は消費者金融系をおすすめします。銀行系の運営の母体は、その名の通り銀行になるので信用度は高くなります。双方に利点はあるので利用される方が都合が最も良い金融業者を選ぶことをおすすめします。

おすすめ!キャッシング会社の決定版!