カードローンとキャッシングの違い

違いって何?カードローンとキャッシングのシステムの違い教えます

カードローンと聞くとマイカーローンだったり、住宅ローンだったりと大型の買い物で決められたものを購入するイメージで、キャッシングは、急な入用など小金額で利用するイメージがありますよね。しかし、現在において、カードローンとキャッシングの利用するにあたって審査の方法や借り入れ条件の大幅な違いはありませんが、返済方法に違いがあります。

支払い方法ですが、カードローンは、分割払い(リボルビング払い)なのに対しキャッシングは一括返済になります。ただ、こちらも厳密とにそうだとは言えないです。なぜなら、現在、キャッシングにおいても分割払いが利用できるシステムがある金融会社もあるからです。しかし、基本はこの返済方法の違いになりますので、利用する際に必ず確認しましょう。分割払いのつもりが一括払いになってしまていると返済滞りの原因になっしまう恐れがあるので気をつけましょう。

カードローンは分割返済の長期に渡って返済をすることが前提ですので、キャッシングに比べ金利が安く設定してあったりします。また、「残高スライドリボルビング方式」の支払い方法をとっている場合、返済残高が減っていくのと同時に減った残高に対しての金利計算をされますので、返済額も減るので、負担が軽くなるこのシステムを適用している金融会社もあります。

カードローンやキャッシングを利用するれば返済は必ずついてくるものです。何の為に利用するか、返済方法はどうするかを考え、より自分にあった方法で借り入れすることをおすすめします。

おすすめ!キャッシング会社の決定版!