転職後の借入の審査での勤続年数の重要性

転職後の借入の審査で不利になる?審査での勤続年数の重要性

今の時代、いざ転職を考えて退職をしても、予想外に就職きず、やっと新しい就職先が決まっても無職期間が長すぎて、生活費がきつくなってしまいお金に困ってしまうことも少なくないでしょう。そこで利用を考えるカードローンですが、転職したての方は審査に通過しにくいという傾向があるので注意しましょう。

何故、転職したての人がカードローンの作成審査に通過しにくいかというと、収入の不安定さが要因になっています。その会社の状況を把握しきれていない状況ですので、万が一合わなくて直ぐに退職してしまう可能性があるために返済能力を低く見られてしまうのです。ですから、転職して1年未満は、マイナスの要因になりえると考えていいでしょう。

では、カードローンの利用を始める時期は何時にしたら良いかですが、ポイントは、転職をする前にカードローンの契約をするということです。転職を考えて直ぐに次の職が見つかれば良いですが、そうばっかりとは行かないこともありますし、転職した先でいろいろ必要な物ができてしまい出費することもありまえます。ですから、転職することを決めた時点でカードローンの契約をすることで、今勤めている会社の勤続年数や収入で審査を受けられるので問題なく審査は通過するでしょう。

しかし、1つ注意すべき点は、カードローンを利用できるからといって安心してしまわないことです。あくまで補填として利用することです。無職のまま利用していたら負債は増えていく一方ですので返済計画はきちんとたててから利用しましょう。

おすすめ!キャッシング会社の決定版!