借入の限度額を増額をする方法

思ったより低い?借入の限度額を増額をする方法

いざカードローンを利用してみると自分の限度額が低いと思う方もいますよね。金融会社が提示している300万円以上の金額を全ての人が対象者となっているわけではありませんので、総量規制により年収の3分の1が基準となって利用者の返済能力と総合して算出した限度額が定められるのです。しかし、だからと言って限度額を上げることを飽きら諦めなくても大丈夫です。

まず、現在の自分の収入に対してどのくらいの割合の限度額なのか確認しましょう。なぜなら、先ほども述べたのように「総量規制」というものがあります。これは、利用者の借りすぎによる返済滞りや消費者金融の無理な貸付を回避するためにとられた措置で、個人借入には必ずかかる規制になります。1社だけでかかる規制ではなく、多数の会社からの借り入れをしても、その全ての総額になりますので注意してください。ですから、現在の限度額が年収の3分の1に既に満たしている場合は、限度額の増加は望めなくなってしましいますが、まだ、満たしていないのであれば増加を望むことは可能となります。

次に、限度額を上げるのに重要なのは、今、借り入れしているものをきちんと返済しているかどうかです。カードーローンなどは、無担保、無保証ですの「信用貸し」になりますので、返済実績が最も利用者を信用する判断となります。ですから、返済実績が良ければ、限度額の増額の希望が通る可能性が高くなります。

限度額の増額をすることは、カードローンの利用の幅が広がることになりますが、同時に余裕も生まれてやすなりますので、自分の借り入れの状況を知る機会にもなりますので、把握した上で限度額の増額をし返済の滞りが起きないように有効利用をしてください。

おすすめ!キャッシング会社の決定版!