カードローンの仕組みを説明します

複雑?カードローンの仕組みを解りやすく説明します

急な出費や入用にカードローンを利用してみようと考えますよね。しかし、多くある借り入れシステムの違いっていまいち解りずらいですよね。今回は、カードローンの仕組みに関して説明します。

まず、カードローンとは、あらかじめ利用限度額が定めて契約し、その限度額内であれば自由に何度でもお金の借り貸しができるものになります。

では、キャッシングと何が違うのかですが、返済方法に違いがあります。キャッシングは、基本、翌月に一括支払いになります。それに対しカードローンは、分割払い、リボルビング払いの一定の金額を払っていく返済方法になります。

カードローンには3つの種類があります。まず、銀行ローンですが、金利が安く設定してありますが、その分、利用の審査に若干時間がかかるのと、消費者金融や信販会社に比べて厳しくなっています。次に消費者金融系カードローンですが、審査が早く、当日借り入れが可能になっていますが、金利が銀行に比べると高くなっています。最後に信販系カードローンですが、クレジット機能がついているのでショッピング利用もできます。また、審査は銀行に比べると早いですが、金利が高くなっています。

それぞれ、金利を少しでも安くしたい、初めてカードローンを利用する方は、銀行がオススメですし、直ぐにカードを作って利用したい方には、消費者金融系がオススメですし、ローンもキャッシングも利用したいという方には信販系がオススメになります。なので、用途によって自分にあったカード会社を選ぶことをオススメします。

どのカード会社を利用しても金利はかかりますので、借り多分より多く返済しなくてはいけないのも事実ですから、返済計画をきちんとたててカードの作成及び利用をしましょう。

おすすめ!キャッシング会社の決定版!