個人事業主が借入をする場合の注意点!

条件があります!個人事業主が借入をする場合の注意点!

個人事業主の方が、カードローンを利用る場合、一般的なカードローンと同様に利用できるのか、無担保、無保証で借り入れができるのか疑問に思いますよね。その点をふまえて注意点を説明します。

まず、消費者金融などの必要よな取立てや個人の借りすぎを防ぐために、貸金業法に「総量規制」というものが施行されました。その、総量規制に個人事業主も対象者になってしまいますので注意してください。

総量規制とは、対象者の年収の3分の1までしか貸付ができないというものです。なので、年収300万円の方は、100万円までということになります。消費者金融は、してい情報機関において個人の貸付情報を共有していますので、虚偽があってもわかってしまいますので、嘘はつかないようにしましょう。嘘をつけば信用はありませんので、審査を通過することはありあせん。

ただし、個人事業主の方は、対象者ではありますが完全な個人とは違い「例外」という位置づけになっているため貸付残高は計算されますが、返済能力が認めらば貸付が認められる場合がありますが、審査は厳しいものとなっています。その一方で、個人事業主を対象としたカードローンのシステムがある消費者金融もあり、システムは通常のカードローンと同様、無担保、無保証で契約することが可能ですが、金利が一般的なものに比べ高く設定していますので注意してください。

個人事業主の方が借り入れをする際は、年収を把握し、なるべく総量規制を超えないように借り入れの計画をしましょう。

おすすめ!キャッシング会社の決定版!